紫外線の違い

紫外線とこの季節になると良く耳にしますが、

紫外線には、UV-A波とUV-B波の2種類があります。

この二つは、波長の長さが違い、なんと肌に与えるダメージも

変わってきます。

「UV-A派」

UV-A派は、波長が長いのが特徴です。

波長が長いため、肌の奥まで到達していまいます。

シミやシワ、たるみの原因となってしまいます。

生活紫外線とも呼ばれており、窓ガラスを通過するので、

家の中にいても要注意です!

軽い日焼け止めは、室内にいても塗るようにしましょう。

「UV-B波」

UV-B波はA波よりも波長が短いのが特徴です。

波長が短いため、肌表面に強いダメージえを与えてる特徴があります。

『レジャー紫外線』とも一般的には呼ばれており、

日に焼けた時に起こる、肌が赤くなったりする症状や、

肌の炎症はB派が原因の可能性が高いです。

シミ以外やソバカス、乾燥の原因にもなってくるので、

しっかりと日焼け対策を行ないましょう。

紫外線に波長があったなんて知らなかったですよね。

波長の長さによって、肌の奥まで届くか、

逆に表面を傷つけるかが変わってくるのも恐いですね。

どちらの紫外線でも日焼けをしないよに、

普段から日傘やアームウォーマーも一緒に使うといいですね。

lunaハーバルサプリ口コミ