脂肪を分解する注射のメリットとデメリット

痩身効果がある美容施術には様々な方法がありますが、その中の一つに、皮下脂肪に脂肪を溶かす薬を注入するというやり方があります。

脂肪分解効果のある薬剤は注射で挿入するために、手術のような痛みや長時間に渡って拘束されることはありません。注射するだけの方法であるため、施術時間は10分程度で終わってしまうという手軽さが人気の理由になっています。脂肪を切除する方法では、皮膚の痛みや腫れが心配になりますが、脂肪分解効果がある注射をするだけなら安心です。皮膚をメスで切るようなことが無いので、身体への負担が小さく、施術に対する不安感もほとん無いと言えます。あまり時間をかけずに脂肪分解施術をうけたいと考えている人でも、薬を注入するだけの方法ならば速やかに終わらせられます。様々なアプローチでダイエットを続けてきたけれど、どうしても減らせなかった脂肪があるという人には、脂肪分解注射はぴったりの方法です。仕事のために長期間休む必要のある手術はできないけど、手軽にサイズダウンをしたいという人に向いている施術です。デメリットは、どれだけサイズダウンしたいという部分であっても、その部分についている脂肪が少ない時には施術ができないことです。施術後しばらく、脂肪分解をした場所にあざや、腫れができることがあり、部位によっては目立ってしまいます。術後の腫れはメイクで隠せるほどの小さい場合が多いのですが、体質や肌の状態によっては目立ってしまうこともあるようです。周囲の人にできるだけ気づかれないように、人と会うことが多くない時に、脂肪分解の注射を受けてください。
柔軟剤 ランキング