独学で英会話力を習得させてしまい方が流行理由

なぜ日本人は英語が話せるようにならないのでしょうか?

義務教育で6年、6年も英語を勉強したら話せるようになりそうなものですが・・・

ボクが思うに、日本の教育の中ではやはり英会話、つまり英語を話せることに焦点があてられていないように感じます。端的に言うと難しい論文が読める事がゴールになっているような。難しい単語に難しい文法、ほとんどが日常英会話では使わないものだったり。大学の受験勉強なんかはまさにそうではないでしょうか??

採点する方は楽ですが、これは会話に目が向いていないと思います。

だから英会話とは別物。
英語が学生時代苦手だった人でも英会話力が習得できる根拠は逆に言えばここになります。

アジア圏内の英語力で最下位層をうろうろしている日本人、本当にこれなんとかしなければならない時期ではないでしょうか。懸念されます。

小学5年生、6年生でも英語の授業が始まりましたが旧来の教え方は続いていないでしょうか?懸念されます。

>>>ネイティブキャンプ アプリが大人気!!<<<

学校のテスト勉強とは別物の英会話のレッスン、学校で手に入れられないのならば自分で手に入れるまでです。