メーター

車の運転を受けることになって、その前に、傷やへこみをどうしようか悩む人は結構多いみたいです。小さくて浅い、自分で修理可能な傷だったら、直してしまえば良いのですが、修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。どうしてかというと修理して運転額が上がったとしても100%ほぼ間違いなく修理にかかる金額の方が大きくなるからで、自分ではどうにもできないような傷なら修理は考えずにそのままで運転員に見てもらうのが正しいです。当然ですが、車の運転の時は走行した距離の短い方が運転の額は良くなります。走行距離が長ければ長いほど車の状態が悪くなるからです。とは言っても、走行した距離のメーターをいじって改ざんするとサギとなるので、走ったものは諦めましょう。この後からは、車を売ることを頭に入れておき余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。中古車の運転額についてはドラぷらによる金額の違いが割と大きい場合があります。相場以下の値段で愛車を買い取られてしまうのは残念なことです。

長距離ドライブ