業社のご利用も計画的に

病院には出入りの葬儀社がいて、その業者が置いていったパンフレットをもとにして、病院は遺族に業者を決めさせています。特別な関係があるわけではありませんが、結果的には病院が特定の業者を勧める形になっています。
病院で亡くなった場合、霊安室に安置しておけるのは長くて半日です。
そのあとはすぐに遺体安置場所を決めて、葬儀社に搬送を頼む必要があります。自分たちでは勝手に移動させられないので、搬送には必ず業者の手を借りる必要があります。
搬送業者と式を執り行う業者は別にすることができます。
それよりもよいのは、事前に信頼できる業者を決めておいて、搬送も式の執り行いも頼む方法です。業者を選ぶ二度手間が省けるので、時間を有効に使うことができます。
業者によっては、一括で利用すると料金をオマケしてくれるところもあります。それぞれの業者ごとに割引プランを設置しているので、確認してみるとよいでしょう。
事前に決めておけば、何かと都合がよいです。
親が死んでから葬儀・通夜の流れ