カラダの冷えはお腹の状態にも関係する

腸内環境が悪い人というのは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が大切であるとも言われていますが、腸内細菌が増えない原因の1つの種類としては、冷えというのも注意が必要です。

夏の冷房であったり、冬の冷えなどによって、カラダが冷えている場合には、手足が冷たくなりますが、それに加えて身体がだるくなったり、むくみが出たりと言ったように基礎代謝が落ちることで体調が悪くなる可能性も出てきます。

このように体温が下がってくると、カラダが冷えることが原因で、免疫が低下します。免疫力が低下したら風邪などの病気にもかかりやすくなるので注意が必要です。

さらに体温が下がると、血液循環が悪くなるので、体の隅々まで酵素や栄養を運ぶことが出来にくくなるので、腸内においても血流が悪くなるので、腸内細菌が減って腸内環境が悪くなる可能性が増してくることもあります。

もしも、体調が悪い場合には、腸内環境を整えて健康的な腸内細菌を十分に整えておくことによって、健康になることもできると言った可能性を増すことが出来ます。

腸内環境 改善 方法