日焼け止めの選び方のポイント

日焼け止めをSPFやPAの数値の高さで選ぶ人は多いのではないでしょうか。SPF50のもの、PA+++の日焼け止めなら絶対に安心、と思ってしまうのも無理はありません。しかし数値の高い日焼け止めは、その分肌への負担が大きい成分が含まれています。

日焼けしないで済むことは確かですが、かわりに肌ダメージが蓄積し、シミやたるみの原因になってしまいます。肌老化を防ぐための日焼け止めの選び方は、屋外にいる時間などがポイントになります。例えば毎日デスクワークという人、1日の大半を室内で過ごすという人は毎日使う日焼け止めはSPF10~20・PA+で十分です。室内にいても窓ガラスを通り抜けてくるUV-A(生活紫外線)などがありますので、できれば肌の刺激が少ないこれらの日焼け止めを使いましょう。街中に出かけたり、食べ歩きなどで室内よりも屋外にいる時間が長いという日は、SPF30・PA++の日焼け止めにしましょう。日焼け止めのSPF50・PA+++などと強いものは、山や海などのレジャーで紫外線量が膨大なときに使います。さらに実は、SPFは30~50の数値の違いであれば、紫外線防止効果はほとんど変わらないという事実もあります。
ヌレヌレ グロス