遺伝と思わず、自分の肌と素直に向き合ってみること

思春期の子の多くはニキビに悩まされることだと思います。

かわいそうなくらい顔を真っ赤にするまでニキビができている子や、少しだけポツンとできている子、中には全くできない子など様々です。
私は今年30歳になりますが、ニキビに悩まされたことは正直ありません。思春期の頃、ポツンと1つ2つできる程度でした。その時は、ニキビに効く薬用のオリーブオイルを1滴着けるだけで次の日には無くなっていたくらいです。また、今でもニキビができることはあまりありませんし肌トラブルにも悩まされていない方だと思います。
しかし、私の姉は全く違う肌質でニキビに悩まされていました。彼女は洗顔や化粧水にもこだわり時間もかけていたのに、ニキビがなかなか治らなかったり赤みがひどくなってしまったり試行錯誤を繰り返していました。私は全くと言っていいほど無頓着だったのに、姉妹でもこんなに違うんだなと感じました。その後は姉は市販の薬ではなく病院で処方された薬を使いましたが、やはり市販の薬とは効果が違い肌質も改善されたようです。
ニキビは絶対によくなります。私が言っても説得力はないかもしれませんが、自分の肌質を知り向き合うことできっと思春期の子でも、大人になっても変わることができると思います。顔はやはり一生ものです。特に女性であるなら尚更気になることだと思います。
食生活や環境も影響するの思うので適度に気にすることがニキビが出来にくくなるコツと、ストレスが溜まらないポイントだと思います。

洗顔後のスキンケアを身に着けよう