恋愛すなわちロマンチックという発想は捨てましょう

社会人になっても恋愛経験なし・・・悩んでいる人向け彼氏を作る方法

若い女性は恋愛に対して、とかくロマンチックな印象を抱きがちなものです。
しかし実際の恋愛は、もちろんロマンチックなものだけでは終わりません。

相手の欠点、悩み、そういったすべてのものを受け入れてこそ、初めて恋愛が成立するといっても過言ではありません。

たとえば女子高校生くらいの若い女性が芸能人、スポーツ選手などに対して一方的な憧れを抱く、これはかなり自然なことです。
しかしこの場合は、あくまでも相手の一部を見ているに過ぎません。

芸能人やスポーツ選手が見せるパフォーマンスに魅力を感じていても、実際の恋愛対象になるのはその人本人であり、その相手が、必ずしも自分の受け入れたい人物であるとは限らないのです。

ですから恋愛を考えているのであれば、まず相手の人となりをよく知る必要があります。そのためには、普段身近に接している人の方が、恋愛の対象としては現実的でしょう。ラノベ、あるいはコミックなどでは、ふとしたことで出会った人と恋に落ち、そのまま結婚という描写もたまに見られます。

しかしそれは創作世界のことと割り切りましょう。自分にふさわしい相手が誰であるかを、自分自身で見極めることにより、初めて大人の女の恋愛は成立するのです。