自分の肌環境を把握しておく

お肌の健康のためには皮脂や水分の量を適度に保つよう肌ケアを行っていく必要があります。それができていないとニキビなどの肌トラブルが起きてしまう原因となり得てしまいます。つまりは脂性肌や乾燥肌というものですね。

皮脂が過剰に分泌されてしまうのはもうまさにニキビの直接的原因といえるものです。水分あり皮脂あり過ぎという状態により、うるおいが有り過ぎてべた付いてしまうのが特徴。それは毛穴が開いて詰まりやすい状態、つまりはニキビができやすい環境といえるお肌なんですね。もしにきびができた時にはしっかりケア用品を使ってケアしておきたいものです。
ニキビケア参考⇒http://www.pimplecare.xyz

あくまでも皮脂や水分量は適度に必要なもの。有り過ぎてもなさ過ぎても肌環境の正常は守れない可能性があるということです。筆者は比較的水分量の足りない乾燥肌だと自覚しています。そのため日頃はしっかりと保湿に力を入れているつもりです。自分の頬を触るとカサカサしている‥だとか、逆に脂っぽい‥だとかいうのはどなたでも今すぐに確認できることだと思います。自分もなるべく確認するようにして自分のお肌が日頃どんな状態なのかをしっかりと把握しておきたいと思っています。自分の肌環境が分かっていないとドラッグストアなどで肌ケア用品を選びたいときなどに選べず行き詰まってしまいますからね。