キャッシング返済とリボ払いについて

キャッシングが身近な存在になっている近年では、返済の仕方も色々なものがあります。

カードの決済が毎月の決まった日に行われるシステムになっており、その日にまとめて返済をするというものでした。

ですが、この頃は返済回数を指定して分割払いをしたり、リボ払いという返済方法を用いるなど、カードの返済がやりやすくなってきています。

まとまった金額を利用したという時には、リボ払いなどができることは非常に便利だといえるでしょう。

毎月の返済金額の上限をどのくらいにするか決められることが、リボ払いの強みです。

毎月の返済金閣を低めに抑えておけば、カードの返済残高が高くても、毎月少しずつ返していけます。

毎月一定金額を返済にあてるという方法なので、リボ払いは家計の調整がしやすくなる返済方法です。

月の予算のうち、返済にあてる金額を毎月同額にできるために、家計のコントロールが容易になります。

ただし、リボ払いでの返済を少ない金額に設定しすぎていると、いつまで経っても元金を減らすことができなくなってしまいます。

1回払いで借りたお金を返済するケースであれば、利息がつくといっても1カ月分でしかないので少しで済みます。

一方、リボ払いを利用していると、月々の返済負担は軽減されますが、そのぶん借入期間が長くなるので、利息がかさむことになるわけです。

リボ払いを利用していると、月々の負担が少ないためにキャッシング枠に余裕ができて、さらに別な買い物をしてしまう人もいます。

カードでの買い物が常態化すると、お金を借りての買い物という感覚から、自分のお金で買い物をしているつもりになりやすいようです。

リボ払いの特質を理解してキャッシングを利用することで、リボ払いのいい点を引き出し、便利に使うことができるようになります。

セルセラ