歯が抜けたままにしておくとどうなるのか

歯が抜けたままにしておくとどうなるのでしょうか。
そのままにしておくと最悪こんなことになってしまいます。

歯が抜けたままにしておくと、歯が抜けた箇所の骨が弱くなる可能性があります。
下の歯が抜けた場合は顎の骨が弱くなってしまう可能性があります。

また、抜けた歯の噛み合わせ相手の歯は、噛まなくなりますので、その歯が出っ張ってくる可能性もありあます。
下の歯が抜けた場合は、上の歯が下の方向に出っ張ってくることがあります。
逆に上の歯が抜けた場合は、下の歯が上に出っ張てくることがあります。

歯が抜けた箇所は歯が無くなることになりますので、抜けた歯の前後の歯が抜けた歯の方向に向かって傾いてきたり、ズレたりする可能性もあります。
歯がズレると噛み合わせも変わってしまうことが考えられます。
歯がズレたり傾いたりすると、その隣の歯との間が空きますので、隙間に汚れた溜まりやすくなり、虫歯の原因となる可能性があります。
最悪の場合は、更に虫歯になって歯を失うことになりかねません。

このように、歯を1本失うことによって最悪の場合ですが、いろいろな事態になることが考えられます。
歯が抜けた場合は、軽く見ないで歯医者さんに行って適切な処置を施してもらったほうが、良いのではないでしょうか。

丸亀市の近くでインプラントを施せる歯科医院はここ