日焼け止めで徹底した紫外線対策でシミのない肌へ

皮膚が紫外線を浴び続けていると、ダメージが蓄積してたるみやしわを増やします。日やけ止めクリーム等を塗って肌の日焼けを予防することで、紫外線B波の作用を減らすことができます。一方で、紫外線A波はガラス窓越しに室内に届く紫外線なので、建物の中にいるといっても油断するとはできません。

春の頭から晩夏にかけては紫外線がことさらに強くなりますので、十分に対策をしたいものです。起きる時にはとうに外は太陽光で明るく、室内にも紫外線が差し込んでいることがあります。不用意にカーテンを開けたために、紫外線が皮膚に直接降り注ぐということも起こりえるのです。日頃から、起床後にカーテンを開けるのはスキンケアや日焼け対策を終わらせてからにするといいでしょう。

カーテンを開けて太陽の光を室内に入れるより前に、洗顔を済ませてスキンケアと日やけ止めクリームの使用を終わらせてしまいましょう。この頃は、肌につけた時に伸びがいい日やけ止めクリームも、数多く売り出されているようです。

薄くのばすことができる日やけ止めクリームもありますが、薄くしすぎて効果を弱めないようにしてください。日やけ止めクリームが紫外線対策の効果が得られるようにするには、説明書きどおりの使い方をすることが大切です。紫外線を長時間浴びた肌はシミやくすみができやすくなりますので、対策を講じて紫外線から肌を守りましょう。

全身脱毛はコロリーがおすすめです