引越しは自分以外に一致した条件の人はいないので

これまで、路上駐車の受け皿として路外駐車場の登備が行われてきたが、これらはいずれも30分以上の比較的駐時間の長い路上駐車を排除する対策であった。したがって、都市の交通問題を解くためには、30分未満の駐車車両を路上でいかに処理するかがかぎとなる。

路上駐車取り締まりにおいても乗尉車を中心に行われることが多く、貨物車の駐車時間が比較的短いこともあって法的にも優遇されている。だが1台当たり5分間しか路側駐車していないとしても絶えず貨物車が駐車していれば結果的には1車線または路側は占領され続けることになり、一般車両の駐車を誘発するケースも多い。わが国の駐車対策の基本コンセプトは、建物内で対応するようになっているが、大規模建築物でも十分な荷さばき施設を内蔵しているケースは少ない。そのうえ、零細や中小企業の数が多く、宅配などにより家庭にも物流が多く発生するようになった今日、端末物流個数が増加し、多くが路上で処理されている