この荷物量で引越し作業に何名の作業員がいれば足りるのか

この「スムーズ東京21」とは、東京都と警視庁が協力して実施されている総合的な違法駐車対策で、赤系の舗装で交差点付近の駐停車禁止を示すギラギラ舗装や停車区画(ローディングベイ)の整備による荷さばきスペースの確保、さらには交通指導員等のトラックタイム配置が幹線道路と繁華街において実施された。

その結果、路上駐車を完全に排除するには至らなかったが、ほぼ半減させた。とくに、ギラギラ舗装区間がほかの区間よりも効果を挙げられたほか、交通指導員がローディングベイにおける回転率向上に寄与した。
こうした成果を受けて、クロネコヤマト 引越し平成16年度から5カ年計画で「スムーズ東京21」を発展させた「スムーズ東京21一拡大作戦-」
が実施された。
 ここまでみてきたように、東京では路上駐車に関するさまざまな対策が行われてきた。いずれの場合も30分未満の短時間駐車への対応が大きな課題となっており、駐車時間に関係な
く取り締まりが可能な法律制定の必要性が挙げられている。