英国のソウルフード・あぶり牛肉の思い出

英国には2度ばかり訪問し、滞在したことがあります。
ロンドンや郊外で、ホテルのレストランにディナーに行くと、必ず聞かれるのが、「肉か魚のどちらを選ぶか?」ということです。

この場合、日本のように日替わりお勧めメニューがあるなんてことは少なくて、肉はもちろんローストビーフ。
魚であればタラかサーモンっていう感じです。

魚は正直言って、日本のように美味しくはないので、やっぱりお肉を選ぶ方が多い気がします。

高級レストランでは、給仕さんが銀のワゴンに載せてお肉を運んで来て、マジックショーのような雰囲気でドーム型の蓋を開けたあと切り分けてくれます。
日本ではすでに切り分けたものが販売されていることが多いので、大きな塊肉に最初は驚きました。
スライスしてお皿に入れてくれるときには、薄く食べやすい状態になっているのでご安心を!お肉の上には、お決まりのグレービーソース。
それだけでテンション上がります。
付け合わせは、ビーンズ(豆の煮たもの)やマッシュポテトが定番。
それがまた、ローストビーフにぴったりで、イギリスにいるんだという旅情まで感じてしまいます。

一度、イギリス人の友人のホームパーティに招待されて、自宅を訪問しました。
その日はご主人が朝からパーティ支度をしていたようで、メニューはもちろん得意料理のローストビーフでした。
ホテルとはちがい、おなかいっぱい好きなだけという感じの盛り付けが素敵でした。

ローストビーフは、英国人にとってはソウルフードの代表格。
ただの食事を超えたおもてなしの心なんですね。
ローストビーフの通販サイト