捨てて引っ越すには、処分方法の選択が大事!

何度も引っ越しを重ねてきましたが、大抵の場合は次の引っ越しが前提です。
好みも変わるので、家具も捨てることを想定して安物を選んでいました。

部屋によって良い家具が浮いてしまって馴染まないことも経験しているからです。
すると引っ越し時の廃品の量が半端なく膨らみます。
経験が浅いうちは、不用品毎に処分方法を変えていました。

でも、これは意外に手間がかかり面倒です。
そんな私が辿り着いたのは、トラック1台分でいくらという引き取りを行っている方法。
この場合には、何を捨てても構わない点が重要です。

プラス、荷台まで荷物運びを手伝ってくれる業者がベター。
これだと布団もたんすもゴミ袋に入ったゴミも捨てられます。
家電製品も故障していようと問題ありません。

値段の安さで言えば、自治体のごみ処理場もお得ですが、捨て方に細かいルールがあるので無理が生じてしまいます。
ベッドを捨てるにはスプリングを取り出さなくてはいけないとか。
正直、不可能です。
お金で気安さが買い求められるのは、本当に楽チンです。

http://www.abnehmen-trier.com/