お月見は一回だけのものとは違います

日本独自の考えですが、一番知られている十五夜の一ヶ月後に十三夜がありますが、このときにもう一度お月見となります。
二回目に行われるお月見は抜いてしまいますが、片方だけのお月見は片月見という名がありよくないことです。
お月見を一度するなら、絶対に1か月後も抜かさないでお月見を開くようにしてください。
秋は果物も野菜もいっぱい手に入る収穫に一番の時期です。
ありがとうの意味を込めてお月見は行事となって、農家ではかなり前からこういった行事が続けられています。
お月様に感謝するのは、収穫が夜まで続き、月明かりがあるおかげで無事に収穫が済ませられたからです。
古い時代は電気がありませんでしたから、農家にとって月の存在は大きな助けになっていたのです。
すすきを手に入れてお月見のお供えをする人は少なくないですが、すすきは神様をお招きする稲穂の代替で使用されます。
また別の話で、すすきは悪いものを消す力があると聞きますから、お月見の日が来てすすきを出しておくと、この先一年たつまで病気もなく暮らすことができますから、すすきを供えて家族みんなの健康をお願いするといいでしょう。

引っ越し業者激安