住宅ローンの返済方法の選び方

ボンボワールのデトックス効果
住宅ローンの返済には、大きく分けると元利均等返済と、元金均等返済があります。

両者がどう異なるのかを把握している人は多くないようです。

住宅ローンを決めることも重要ですが、家を買う時には、メーカー選びや、立地選び、間取りプランの確定など、決めなければいけないことがいくつもあります。

元金均等返済と、元利均等返済と、言葉面が面倒で、深く考えることを放棄してしまいたくなるでしょう。

住宅ローンを決める時には、返済の段階になって困ったことにならないように、入念な準備が欠かせません。

元利均等返済では、元金と利息の合計額が同じになるように計算されているため、毎回の返済額が均等に設定されていています。

金利が変わらなければ、毎期返済しなければならない金額は、最後までずっと同じになります。

一見すると、毎月同じ金額をずっと返し続けていくことで完済できるというわかりやすい住宅ローンの返済方法なりますが、その実、利息と元金の割合が少しずつ変わっていきます。

当時は、元金に対する利息の比率が高めですが、徐々に利息の占める割合が少なくなり、元金返済分が大きくなります。

月々の返済金額のうち元金が固定で、そこに利息を足しながら返済するのが元金均等方式です。

元金均等方式では、元金の残高に応じて利息が決まるため、元金をどんどん返済していけば、利息が減っていって、月の返済が楽になります。

よって元金均等返済のケースでは、住宅ローンの返済を初めた頃は金額が多く、将来的には返済額が徐々に減っていくことになります。

住宅ローンを借りる時に元利均等方式にしていると、返済をし始めた時は月々の返済金額がどてしても大きくなりがちで、以後はだんだんと返済が楽になっていきます。