遺伝子検査と肥満について

昨今の日本でも生活習慣病としての肥満症やメタボリックシンドロームは社会問題になりつつあります。

その年齢もだんだんと低年齢化が進み、最近では小学生の肥満も珍しくなくなってきました。
肥満予防には正しい食生活と適度な運動がもっとも効果的な肥満予防とはわかっていても、なかなか効果が出なかったり、本当に効果があるのか半信半疑の状態では、ダイエットを続けるモチベーションが上がりませんし、星の数ほどある健康法やダイエット法の中から自分に適したものを見つけるまでを全て試すのはかなりの根気と努力と時間が必要と言えます。
そこで最近話題なのが、遺伝子検査です。遺伝子検査でわかる事は、簡単に言えば自分に最適なダイエット法です。
自分自身一人一人の肥満の原因がどこにあるのかをはっきりさせることで、食事療法に力をいれるのか、運動療法が効果的なのかわかるのです。肥満の形は大きく分けて4種類、リンゴ型、バナナ型、洋ナシ型、キウイ型、とわけられます。
どれに属するかでダイエットの力の入れ方の重点が変わってきます。
最近では、キットが自宅に届き自分で採取した検体を送り返すだけで結果がわかる簡単なシステムもあります。
迅速に健康的な身体を手に入れる為にも、遺伝子検査で自分自身をしっかり把握する事はとても大切と言えます。
マイコード